ランジ

☺ 血流の流れが良くなることで、 冷え性の軽減や 肩こり解消などにも効果が期待できます。 スクワットの方が大腿四頭筋への刺激が強く、ランジの方が大臀筋やハムストリングスといった背面の筋肉への刺激が強い。

ランジ

😄 顔を正面に向けて胸を張る。

18
ランジ

⚔ スクワットは自重でも効果的に鍛えることができるので、自宅でのトレーニングメニューに取り入れている人も多いでしょう。

4
ランジ

❤ つま先の向きはまっすぐにする 初心者のうちは、なかなかつま先まで意識が向かないので、つま先の向きが内側や外側などを向いて、バラバラになりがちです。 息を吸って止め、片足を大きく後ろに踏み出し、大腿が床と並行になるくらいまで腰を沈めていく。

16
ランジ

🖐 どちらの動作がやりやすいか。 目線を上に向けても肩がすくまないように。 大臀筋をはじめ、これら下半身に集まる大きい筋肉群を鍛えることは、代謝を上げるのに非常に効果的です。

16
ランジ

🤔 空中で前脚と後ろ脚を入れ替えて着地する。 コツ・注意点 レッグランジにおける、しっかりと筋肉に負荷をかけるためのコツ及び注意点としては、「常に背筋を伸ばすこと」、そして「膝がつま先より前に出ないようにすること」が挙げられます。

19
ランジ

⚛ 下半身を鍛える筋トレとして、皆さんご存知の「スクワット」があります。

15