ご足労いただきありがとうございました。

📲• 基本的には、相手が出向いてくださった時の挨拶として「ご足労いただきありがとうございます」と使ったり、後日お礼を述べる時に「先日はお忙しい中、ご足労いただき誠にありがとうございます」というような使い方をします。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 もちろん、直接社外の方と関わりがない業種でも、エントランスなどで社外の方と会う可能性はあります。

6
ご足労いただきありがとうございました。

🤐 次は実際にどのように「ご足労」を使うのか、例をあげてご紹介していきます。

7
ご足労いただきありがとうございました。

👋 ひとつずつ分かりやすく説明していきますね。

12
ご足労いただきありがとうございました。

👏 その場で起こったことに対するお礼はもちろんのこと、その後も感謝が継続するケースにも使える表現です。 先日は拙宅までご足労いただきまして、厚くお礼申し上げます。 さらに「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」の使い方をマスターしていただくため、例文を5つずつ挙げます。

12
ご足労いただきありがとうございました。

☘ 使うタイミングは「ご足労」とよく似ていますが、「お呼び立て」は「本日はお呼び立てに応じていただき、大変ありがとうございました」など、主に何かをしてもらった後に使います。 お別れの際に使うイメージがあることから、過去形を使うことで関係性に区切りを付けようとしていると、相手に捉えられるかもしれません。 相手によっては、「偉そうな言い方だな」と思われるかもしれません。

19
ご足労いただきありがとうございました。

👆 *I really appreciate your doing …してくださってありがとうございます という改まった言い方もよく用いられる。 ビジネスシーンだけでなく、結婚式のスピーチなどでも聞いたことがあるかもしれませんね。 「ご足労」の意味と類語 「ご足労」は出向いてもらったことへのお礼を意味する 「ご足労」とは、自分のために出向いてもらったことへの感謝を意味する言葉です。

19