どうぐ むかし の

💅 すみつぼ すみつぼは、いまでもつかわれています。 温度計 温度の記録をします。 青年はここから着想を得て足踏み式の「回転式脱穀機」を発明したと伝えられています。

1
どうぐ むかし の

🤝 たびにつかうぼうしとおもいます。 家のところにもありました。 かっしゃ これは、ロープで縛って持ち上げるための道具です。

3
どうぐ むかし の

⚒ 扱き落とされた後の藁くずは、送風機により選別されます。

8
どうぐ むかし の

🤗 石けんは溶けてしまわないように、上のくぼみに入れて、必要な時に使いました。 数字の穴に指を入れてでっぱりまで回す。 明治40年代に、この青年が自転車で農道を通ったとき、垂れ下がっていた稲の穂が自転車のスポークに当たりパラパラと籾が飛び散ったのです。

どうぐ むかし の

✊ 今は? 耕運機、トラクターなど 苗籠(ナエカゴ) 使用年代 江戸~昭和中期 (約50年前まで) 使い方 田植え用の苗を運ぶ籠。 またはコンバインで自動的に脱穀するなど。 ランプ ランプは石油で明かりをつけます。

19
どうぐ むかし の

✌ 軽くて雪に沈みにくいので、雪が積もったらはきました。 げたスケート げたにスケートがついています。 ふつうの炭より、柔らかく軽いです。