電鉄 江ノ島

😂 この台車はの汽車会社製木造車31・32号車がに江ノ島電気鉄道の111・112号車となった際に装備していたものが、さまざまな経緯から200形に使用されるようになったものである。 1940年に設置されたパラシュート塔の正確な開設日および撤去時期が不明のため、開設・移設当時の駅名が特定不能。 当駅始発• 代替新造車両は新500形501編成となり、台車などが流用された上2006年より営業運転を開始している。

7
電鉄 江ノ島

☯ 乗換路線 乗換路線はありません• 線路・駅 全長は藤沢-鎌倉間 10. すなわち、車の利用の仕方や生活の工夫によって、自動車交通量を削減する方法である。

電鉄 江ノ島

🍀 同じく1960年代には雨樋が設置されている。

15
電鉄 江ノ島

🤛 また、客室内には冷房準備工事として風導が設置されている一方で首振り式扇風機も存置されている。 これを防ぐため、手動での上昇・固定の長時間作業が必要だったため。

4
電鉄 江ノ島

🤜 当初は2車体に1番号を付与していたが、1960年の運輸省の通達を受けて305編成から305および355の1車体1番号とし、既存の301 - 304についても1車体1番号に改番している。

15
電鉄 江ノ島

🎇 には1002編成の正面字幕にローマ字表記が追加された。 追加停留所は和田塚(原の台 - 学校裏間)・蔵屋敷・小町。

10
電鉄 江ノ島

😉 集電装置は10形と同じくであるPT7121-Aとなっている。 園内に(初代平和塔、 現・ 前にあったのパラシュート塔を移設改修)竣工。

電鉄 江ノ島

📲 」 3 モータリゼーションの原因については、高速道路の拡張、舗装道路の増加、一般大衆にも購入可能な大衆車の出現などによって、自動車が利用しやすい環境になったことも原因に挙げられるであろう。

6
電鉄 江ノ島

🐲 」 4 また、交通渋滞なども深刻である。

20