で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

⚒ 次に「少子高齢化に自衛隊はどのように対応するのか」についてだが、このことについては、隊員の募集対象年齢の引き上げや、女性の活躍推進、最新技術を用いた省人化などの多くの方法で隊員数を補っていくということがわかった。

3
で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

🍀 「お母さん、何読んでるの?」 無邪気な声で、私の手元の書物に興味を示した息子は、どのような感想を残すのだろう。 「令和元年版防衛白書」を拝読しての感想は、多くの国民の方々に読んで頂きたい白書であるという点に尽きる。 アーティストのSNSや動画を参考に新たな愛読書を見つけ、ラインナップに加えていく予定だという。

8
で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

🤣 昨今目まぐるしく激変する安全保障環境や多発する自然災害の中で、防衛白書がより充実した内容となることを願い、国民視点に主眼を置き、率直に忌憚のない意見を述べた。 SNSでたくさんいいねが欲しい。

10
で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

🚀 戦争が終わらないのは「許す」ということをしないからです。 親子であれ、私たちはあくまで個人であり、別の生き物であり、互いに適度な距離感を保たなくてはならないのです。 しかしながら体系的な国際安全保障研究、つまり社会科学分野での防衛、安保研究が他の先進国に比べて不足している我が国にとって、防衛大学校以外の大学や諸機関における研究の現状を、その予算や支援制度なども含めて知りたいと感じた。

で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

✋ 「私以外私じゃないの」歌詞より 有名になったり、偉くなったり、誰かに好かれるのも大切だけど、自分を信じ、平凡な自分のことを好きでいたい。 さっきも言ったけど 就活生にもぜひ読んでほしい。

20
で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

🙂 二人の息子に誇るべき母親になりたいと思った。

19
で 感想 読書 まま 文 は こと した 私 私 生きる の に

🖖 訳書に『「先延ばし」にしない技術』(サンマーク出版)、『TEAM OF TEAMS』(日経BP社、共訳)、『熱狂の王 ドナルド・トランプ』(クロスメディア・パブリッシング、共訳)などがある。

18