と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

⚠ その影響はオーギュの予想外であった。 必然ともいえる偶然は、アスランとパイヴァを引き離そうとはしなかった。

17
と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

🙄 自分にまったく関係のない世界だから、普通の恋愛漫画よりファンタジーとして読めるのがいいのかも。 ま、西野カナは若い時にユーミンみたいに中央フリーウェイみたい な歌詞すら書けてないけども。 なすすべなく条件を飲むしかないペールに、オーギュは永遠の別れの証として口づけをした。

2
と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

😉 これは若さとは関係ないです。 歌唱力も宝塚のトップスターには遠 く及ばないし。 高校生の時、一括購入しました。

7
と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

🤜 その色香は女性以上に男性を魅了する。 14歳。 まだ恋愛自体が新鮮なものだからそれだけでドキドキすると思うし、周りが子供っぽい少年ばかりの時代って男の色気を感じさせる男性に異常な食いつきを示すし、さらにそこにドラマチックな同性愛がからんだ日には刺激的過ぎてキャアァ~ってなるんでしょうね。

9
と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

💔 非合法であろうと気にせず麻薬を使ってジルベールを誘拐、拉致し、レイプした。 がしかし!「私はチャラチャラした外見だけじゃなくてちゃんと骨のある音だって聴くんだから」と、 こういうのとか こういうのも聴いたりして、同年代の子よりは音楽的センスを持ち合わせていると悦に入っていたわけです。

7
と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

☏ 性描写はいらないですけどね。 しかし、主人公は最終的に「何か」を得るのです。

4
と 木 悪い 詩 風 の 気持ち

😙 そしてオーギュの持っている知性と教養をそのまま受け入れることで学校に通わずとも自らの知性と感性を磨いていった。 二人の主人公も素敵ですが、私が大好きだったのはセルジュの親友・パスカルの妹、パトリシアでした。 西野カナの歌詞を聴いてて思 う事は西野カナの歌詞は詩ではないし、言葉=ことのは、でもない。